タグ別アーカイブ: 車のこと

ただいまエンジン載せ替え中・・・

Σ(゚□゚;)エンジンがありません・・・・。スカスカです・・・。

水銀灯の下なので画像が見にくいかもしれませんが、先日仕入れた車両を元気にするべく整備をしているところを撮らせてもらいました。先日この車の調子が悪くなってしまったので新しい車を当社でご購入をいただいたお客様からの下取り車両です。頑張って復活させています(^^)/

エンジンも異音がするし、力も出ない。オイルもかなり漏れが激しいなぁと思っていたのですが何のことはない、大きな穴が開いていました(T^T)そりゃあだだ漏れなはずですね(笑)

どうしてこうなったかまでは分からないのですが、エンジンオイル交換をあまりせずにブンブン走ったりするとエンジンの内部が傷んでしまいます。今回はエンジン内部の部品が壊れて穴を開けてしまったようです。オイル交換不良だけが原因ではないと思いますが、そういう車は長く持たない車になってしまうのは事実のようです。

補器類を大体付けた状態がこんな感じです。何だかたくさんホースやら配線やら・・・。整備できる人ってホントスゴいといつも感心しながら見ています。いつお世話になっている工場のA社長様は仕事がとても早いのでびっくりします。

キリのいいところでA社長と二人して夕食に出かけ、じゃああとよろしくお願いします~(^^)とお別れして一時間ほどで連絡が・・・。

何だかすぐ載っちゃったって(笑)ほんと早い。スカスカだったところにもう収まっています。新しいエンジンはリビルトエンジンですがこれから長く使えるようになります。ターボもプラグもいろいろ新しくしてもらいました。

いつも忙しい中、時間を作ってこういう大きな仕事をちゃっちゃとやっていただくポッキリ屋の大切な味方です。A社長これからもよろしくお願いします(^^)/

プライスボードが乗り出し価格のポッキリ屋は店頭に並ぶまでにこうやってしっかり整備したり、悪いところを確認してからお客様に分かりやすい価格で販売しております。分からないことは遠慮なくご質問ください。丁寧に説明させていただきます!

さて、この車はいったい何でしょうか?もうすぐ帰ってきてくれるのでピカピカにして店頭に並べたいと思います。是非見にご来店ください(^^)

最後にA社長のところのアイドルをご紹介(^^)もうすっかり慣れてくれたようでお店に行くといつも相手をしてくれる可愛いドラさんです(^^)

 

 

 

 

車の裏で変な音が・・・・・(T^T)

文字で表現するには難しい音ですが、仕入れた車を動かしてみたら車の腹下からポッキリ屋には馴染みの残念な「ゴゴーッ」やら「ウニャーン」みたいな音が(T^T)曲がるたびに変な音がします(笑)でもハンドルを真っ直ぐにして走ると音はしないんです。( ゚д゚ )

これはハンドルをしっかり切っての旋回をする時に車両真ん中付近から異音がするのですがスズキ4WD車の持病でビスカスカップリングの不良です。ビスカスカップリングが何をしているかというと、前輪と後輪の架け橋みたいなものです。

このビスカスカップリングがついていない車は、車庫入れをしようとハンドルを思い切り切り返しながら移動すると、ブレーキを引きずったような症状が出てしまい、うまく車庫入れするのが難しい訳です。この現象を緩和してくれるのがビスカスカップリングです。タイトコーナーブレーキング現象が起こらないように駆動を制限して、スムーズにタイトコーナーが曲がれるための機構です。

これが新しいビスカスカップリング(リビルト品)です。

このフロント側と

後ろ側をつないでいる

ここにその部品がございます。これを交換しました。ボルトで固定されているのを外すだけなのでそんなに難しい作業ではございません。

全車試乗OKのポッキリ屋としましては、せっかくご覧いただいてこれにしようかと試乗していただく時に「ウニャーン」「ガガッ」だの変な音がしていては安心して試乗していただけないので先に修理いたしました。細かなところまでの整備を先にすべてやってしまうのはなかなか難しいのが現状ですが、安心して車を選んでいただけるように展示車に手を掛けておりますので、飯田、伊那で軽自動車を探すならポッキリ屋です!よろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

ソニカっていい車なんですよ(^^)v

先日納車させていただきましたソニカです(^^)初めての車をお探しだったS様に気に入っていただきピカピカに仕上げて納車となりました。ポッキリ屋は全車試乗OKなので最終的にご家族で試乗もしていただきました(^^)

でもこのソニカって皆様ご存じだったでしょうか?残念ながら不人気車となってしまい2年10ヶ月で廃版となってしまいました(T^T)とっても調子の良い車なのに・・・。

同時期に人気が爆発したのは現在も人気のタントなのですが、軽スペシャリティーカーとして低く長く見えるような流麗なデザイン、他にはないロングホイールベースと低重心化により、安定感のある走りを実現した個性的な車がソニカなのです。

インパネ回りや内装も特別仕様でゆったりしていて運転もしやすく運転席助手席とも狭さは感じません。軽らしからぬ高級感です。

ソニカのエンジンは、3気筒DOHCターボのKF-DET型を採用し、軽自動車上限の最高出力47kW〔64PS〕を発揮。最大トルクも強大な103N・m〔10.5kg・m〕。またなめらかな走りと低燃費を実現するべく、新開発の7速アクティブシフトも備わる世界最軽量&最小のCVTを採用しています。これによりターボパワーを余すことなく発揮。燃費も23.0km/ L(2WD・10・15モード走行燃料消費率)を達成しています。加速感と優れた燃費性能を両立させています。ちなみに納車させていただいた4WDでも21.0km/L(10・15モード走行燃料消費率)です。ターボ4WDと考えると燃費も合格だと思います。

当社の鈑金担当の百瀬が飯田から伊那へ高速を使ってこのソニカを移動させたのですが、この車を知らなかった百瀬は帰ってきて一言。「何ですか?この軽は??こんなに走る軽あったんですか?」と驚き、かなりショッキングな出来事だったそうです。

S様にとっての初めての車ですが運転が楽しく遠出もOKなこの車を勧めさせていただきました。4人乗って荷物も積めてというと難しいですが、ちょっと長い通勤やお二人で使う場合が多い使い方だとなかなか良い車ですよ。

源の好みで書いてしまった気もしますが(^^;)、知ってる人は知っているこのソニカがもし欲しくなってしまったらぜひ「ポッキリ屋お探しサービス」でご相談ください。あなたにピッタリなソニカを全力でお探しします(^^)

 

 

 

 

 

軽自動車の名義変更は意外とカンタン! ですから車両管理には十分に気を付ける必要が有るのです!!

クルマの購入時に必ず行わなければいけないのが車検証の名義変更ですよね。

実は、この名義変更に必要になる書類が普通車と軽自動車で全然違うんです・・・

当然ですが、普通車の方が厳しく、軽自動車の方がカンタン!!

具体的には

●普通車

◇車検証の所有者欄に記載されている方の 委任状・譲渡証・印鑑証明

◇購入される方の            委任状・印鑑証明・車庫証明書

〇委任状・譲渡証へ実印の押印が必要です。

※車庫証明は購入者が村部の方は不要

●軽自動車

◇車検証の所有者欄に記載されている方の 申請依頼書

◇購入される方の            申請依頼書・印鑑証明or住民票

〇申請依頼書へ認め印の押印が必要です。

※車庫証明は人口10万人以上の区、市の場合のみ必要。なお名義変更後の取得でも可

伊那谷だと軽で車庫が必要なのは飯田市のみ(旧上村・南信濃村は除外)です。

軽の車庫について詳しくはコチラでご確認下さい

ここで、鋭い方は気が付いちゃいましたよね~

そうなんです。 軽自動車って名義変更手続きがメッチャかんたんなんです!!

で、もっと鋭い方は

「あれっ? 軽って売る時の書類メチャ滅茶簡単すぎない???」って事に気付いちゃいましたかね~

普通車では必ず印鑑証明は必要になるし、委任状・譲渡証に実印の押印も必要です。

ですから「所有者以外が勝手に売却」することは現実的に不可能なのですが

軽自動車で車検証の所有者が個人の場合「認印=三文判」が1本あれば売却出来てしまいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

印鑑証明等の「本人もしくは本人の了承が無ければ取得出来ない書類」も不要。

要は「スグにでも名義変更可能=転売可能」状態なのです!!(チョット怖い・・・)

ですからポッキリ屋で軽自動車を下取り、買取させて頂く場合は運転免許証等で必ず

「ご本人確認」をさせて頂いておりますm(__)m

ちなみに、ポッキリ屋では、下取りや買取した車両は全て「自社の名義」致します。

これは、所有者責任という法律があり”何かトラブルがあったら所有者に責任が及ぶ”事でお客様にご迷惑をお掛けしない為です。

軽自動車の買取は査定価格ももちろんですが、手放した後の安心も重要ですよね~
モチロン、買取の際も名義変更等の経費は一切不要の「ポッキリ価格」です!!

 

 

 

 

 

カテゴリー : その他 | 車のこと タグ:  投稿日 : 2017年7月5日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

HONDA Nシリーズの元祖な一台!

当店はHONDA専門ではないのですが(^^;)またまたHONDAの旧車がご来店だったのでご紹介(^^)

1967年の発売以降、3年連続で軽の国内販売トップに。「日本ののりもの」
として、一躍ベストセラーとなった「N360」です。この車両は

N360ツーリングSというとても調子のよい一台なのです(^^)

ちなみに高速テスト済みなのもスゴイ!

今人気のNシリーズですが、約50年前に発売され人気を博して

乗るところは十二分に、エンジンはコンパクトに。
50年たった今でも人を中心にした考え方
M・M思想(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)として
Nシリーズにも色濃く受け継がれているのだそうです。(HPより)

現在のNシリーズと比べると規格が違うのでもちろん小さな車ですが

100㎏近い私(笑)が乗っても全然OKな広さなんです。

もちろん広さや安全・快適性能は今の車の方が断然いいわけですが

個性的でいいですね(^^)身近に旧車乗りがいるととても影響されて

何か乗りたいなぁと思ってしまいます(^^)

 

 

 

 

ボンネットがピカピカです(^^)v

年数が経ってくると塗装が剥げてしまうことがあります。

この車はボンネットが日焼けで剥げが目立ってきていました。

ダメになった塗装をキレイにして塗装するための下地処理をします。

他のところに塗装が飛ばないようにマスキングです。

色を塗装してその上にクリアーを吹いていきます。

そして表面についた微細なゴミなどを綺麗にするため

磨きに磨いてピカピカです(^^)/

ちょっと年数が経った車でもピカピカだとやっぱり気持ちいいものです。

「バンパー傷つけちゃった(泣)」「フェンダーにサビが浮いてきた(泣)」

などなど当社鈑金担当の百瀬がリーズナブルにお直しいたしますので

遠慮なくご相談ください(^^)

 

カテゴリー : 伊那店 | 車のこと タグ:  投稿日 : 2017年6月19日 投稿者 : ポッキリ屋伊那店

ちょっと珍しいお車(^^)

ちょっとした修繕に寄っていただいたお知り合いの車屋さんのこの車・・・

かなり昔の軽自動車「ホンダ ステップバン」です。今現在の軽自動車は

660ccですがこの車は360ccの時代です。個性的で可愛い車ですよね。

ナンバーは噂の白ナンバーです(^^)

運転席はこんな感じで荷物を運ぶ車なので伝票を描きやすく机みたいになってたりします。

これがエンジンルームです。割とガラガラ(^^;)

今の軽自動車はエンジンルームが隙間もありませんが昔は

こんな感じだったんですね。

ただいまキャブの調整中だそうですが気になった方がおられれば

応相談でということなのでご一報くださいませ(^^)

 

 

 

 

 

カテゴリー : 伊那店 | 車のこと タグ:  投稿日 : 2017年6月15日 投稿者 : ポッキリ屋伊那店

ドアから音が・・・

以前納車させていただいたお客様から、「ドアからカチカチ音がするのが気になるんだよ~」と

いうことで運転席のドアを確認してみると

このドアオープンストッパー(ドアチェッカーともいいます)が割れちゃってました(ーー;)

金属疲労だと思いますが、開け閉めの頻度が高いところは負担がかかるものです。

結局部品交換で20分ほどの作業でした。

年数が経ってくるといろいろありますが、気になることがあればいつでもお立ち寄りください(^^)/

 

カテゴリー : 伊那店 | 車のこと タグ:  投稿日 : 2017年6月5日 投稿者 : ポッキリ屋伊那店

ヘッドライト磨き☆彡

いろいろな車種、年式の軽自動車を扱うポッキリ屋ですが、

年数が経てくるとヘッドライトがどうしても黄ばんできたり

表面の状態が悪くなってしまいますよね。

IMG_5265

割と年式の新しいパレットでもこんな風になってしまいます。

左右ともにこんな感じではせつないです・・・・。

ポッキリ屋は納車時にはしっかり磨いてから納車させていただいております。

IMG_5266

右と左を画像撮り間違えてしまいましたが(汗)

このようにピカピカになります(^^)

今お乗りの車のヘッドライトはいかがですか?

もし、黄ばんだり白くなっているなら一度磨いてみてはいかがですか?

遠慮なくご相談にご来店ください(^^)結構簡単に出来ちゃいますので(^^)v

 

カテゴリー : 伊那店 | 車のこと タグ:  投稿日 : 2017年5月25日 投稿者 : ポッキリ屋伊那店

初めてクルマを購入する方の為の「軽自動車の選び方」講座 Ver2

前回のブログお読み頂きましたか?  これさえ読めば軽自動車の事が全くわからない方でも自分にとってベストな1台を選ぶことが出来るようになると思いますので是非読んでみて下さいね~

 

さて、前回に続き 初めてクルマを購入する方の為の「軽自動車の選び方講座」スタートしますね!

 

軽自動車には“セダンタイプ” “トールタイプ” “トールタイプのスライドドアタイプ”

“箱バンタイプ”があるとお話しました。

 

実はこれ以外にも“ジープタイプ”や“オープンカー”もあるのですが車両数が圧倒的に少ないので

割愛しますね。

 ジープタイプ

パジェロ

 

オープンカー

コペン

 

(ちなみに“トールタイプ”などの名称はポッキリ屋が名付けたもので正式な名称ではないのでご了解下さいね)

 さて、タイプ別に特徴を見ていきましょう!

 

オッと、その前に「軽自動車の大きさは全車種ほとんど同じ」ってご存知ですか?

 

正確に言いますと「軽自動車の全長・全幅はほぼ同じ」なのです!

 

「え~、でも駐車場で見ると、同じ黄色のナンバー付き車両でも全然大きさ違うじゃん!?」

 

そうですよね、確かに大きさ違って見えますよね(笑)

 

実は、大きさが違って見えるのは「車高=高さ」の違いなのです。

 

カタログデーターで比較すれば一目瞭然なのですが

「軽自動車の全長×全幅」は3,395mm(全長)× 1,475mm(全幅)

です!

ですから、可愛い「ラパン」もショコラ

販売台数NO1の「N-BOX」も、n

ももクロがCMしている「ハスラー」もハスラー 

赤帽で使われている「サンバー」も赤帽

 長さと幅は同じなんです!!!

 

「でも実際に乗ってみると全然広さが違うよ~」

 

そうです、“室内の広さ”はタイプごとで大きくことなります。

 

室内の広さは

セダンタイプ < トールタイプ < スライドドア < 箱バンタイプ

 

この順番ですね。  

 ぜひ、クルマ選びの参考にして下さいね!

カテゴリー : 車のこと タグ:  投稿日 : 2017年2月18日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

初めてクルマを購入する方の為の「軽自動車の選び方」講座 Ver1

こんにちは~ 今日は「春の訪れ」を感じさせるような暖かい一日でしたね!

お陰様でポッキリ屋では3月よりご就職、ご進学予定のフレッシュマンの方々が連日ご来店頂いておりますよ~

 

で、ご来店頂いた方とお話ししていて感じる事なんですが

 

ご来店の際に「決まっているのは色のみ」って方が本当に多いんですよね~

 

初めての車ですから何を選んだら良いのか判らない(特に女の子は)と思いますので簡単に

 

軽自動車ってどんなのがあるのか? ご案内しますので是非勉強して下さいね(笑)

以前に上げたエントリーですが参考になると思いますのでご一読下さいね!!

 

さて、軽自動車を選ぶ前に「ナゼ軽自動車にするのか?」を今一度考えて見ましょう。

 

何で軽にするの? ってお聞きすると「軽は安いから」ってご返答が多いのですが

 

軽自動車は決して安くありません! 車両の値段だけで比べれば1,000~1,500ccクラス

 

いわゆる“コンパクトカー”が一番お値打ちです。 実は燃費もこのクラスの方が良かった

 

りします。(正直なところ燃費は乗り手で大きく変わるので単純な比較は難しいのですが・・)

 

では、ナゼ“軽自動車は安い”といわれるのかと言うとそれは維持コストなんです。

 

※詳細はブログバックナンバーでご確認下さいね。

税金について: http://pokkiriya.com/1363.html

 

保険について: http://pokkiriya.com/1382.html

 

つまり、税金や車検、保険料などの“車を乗る際に掛かる経費が安い”わけで

 

車(車両代金)は決して安くないのです。 あっ、高速料金は普通車より安いですよ!

 

さて、前置きが長くなりましたが

 

何を基準に選ぶのが良いのでしょうか?

 

実際のところイマドキの軽自動車はどこのメーカーを選んでいただいても外れはありませ

 

んからお好きな形、色で決めて頂いて問題ないと思います。 チャンちゃん!

 

それでは“身もふたも無い”ですね(笑)

 

では手始めに 軽自動車のタイプ(形)にはどんなものがあるのか見てみましょうか?

 

軽自動車にはザックリ分類して4つのタイプに分かれます。

 

セダンタイプ

ラパンmira

トールタイプ

ムーブワゴンRjpg

トールタイプのスライドドアタイプ

tannton

ハコバンタイプ

バモスjpgエヴリィjpg

画像はあくまでも代表的な車種を掲載しました。 どうでしょう、大体のイメージが出来ましたか?

 

では次回はタイプ別のメリット、デメリットをお伝えしますね!

カテゴリー : 車のこと タグ:  投稿日 : 2017年2月16日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

撥水洗車はたま~に利用がイイのかも?

折角の連休中日なのに台風の影響で雨ですね・・・

今週の天気予報はず~っと雨マーク(涙)

でも、雨の日に愛車の水弾きを見て”ニヤ~( ̄∀ ̄)”としている方もいらっしゃるのでは?

実はかつての私”雨を弾く愛車のボディ”が大好きでした(笑)

でも・・・洗車して、ワックスまで掛けるとほぼ半日が潰れちゃいますよね~

そんな時、お手軽なのが「ガソリンスタンドの撥水洗車」なのです!

%e6%b4%97%e8%bb%8a%e6%a9%9f%e6%b4%97%e8%bb%8a%ef%be%92%ef%be%86%ef%bd%ad%ef%bd%b0

 

車に乗ったままで、洗車・撥水加工ができちゃうなんて夢のよう!!

でも、全く手を掛けないでお手軽洗車ばかりしていると、折角の愛車の輝きがイマイチになっちゃうってご存知でした?

p9142594

画像は当社で仕入れした車両なんですが、スチーム洗車機で水を掛けると・・・

p9142595

画像ではよく解らないかもしれませんがめちゃめちゃ水を弾いてます!

でも・・・   明らかにボディがくすんだ感じ・・・

そこで、塗装面を整える、研磨力の弱いコンパウンドで磨いてみると・・・

p9142596

あ~らビックリ! 向かって右が研磨前、左がコンパウンドで研磨したあと!
p9142597

明らかに違うでしょ!

詳しい理由はわかりませんが、スタンドの撥水洗車ばかり続けていると塗装面の曇が出ちゃいます。

たまには手洗い洗車&手がけWAXで愛車をいたわってあげると良いかも!!!

カテゴリー : 車のこと タグ:  投稿日 : 2016年9月18日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

スズキ、マツダの“プッシュスタート車”要注意!!

こんにちは~

今日も“まさに梅雨”って感じのジメジメで嫌ですね・・・

でも、この時期に有る程度のまとまった降水量がないと水不足が心配!

適度な降雨であって欲しいですね!!

さて、皆さんがお乗りの車はカギを差し込んでエンジンを掛けるタイプですか?

それともカギが車内にあればエンジンの始動が出来るタイプですか?

key

最近はボタンを押せばエンジンの始動が出来る“プッシュ・スタート”タイプがほとんどですね。

車のエンジン始動時にその都度カギを取り出す手間が省けてとっても便利な機能なのです

やはり「便利なモノにはデメリットもあり」ですね。

どんな点がデメリットかというと・・・

スマートキー(プッシュスタート車のカギ)の電池が切れてしまうとエンジンが掛からないのです。(この対処方はご存知ですよね! ご存知で無い方はコチラをご覧下さい)

 

今日の話は“スマートキーの電池は十分なのにエンジンが掛からない”です!

ポッキリ屋でも、「プッシュボタンを押してもエンジンが掛からない(涙)」とのお問い合わせがたま入ります。

その際確認するのが “シフトがPに入っているか?” ⇒ “ブレーキを踏んでプッシュボタンを押しているか?” ⇒ “スマートキーをプッシュボタンに近づけてボタンを押してみる”

P6292459

この3点を再確認すると大概エンジン始動出来るのですが(車本体のバッテリー上がりは別ですよ!)
それでもエンジンが始動出来ない場合は別に原因があります。

実は、スズキ車、マツダ車にはプッシュスタート不具合に対しての“サービスキャンペーン”が出ています。
※リコールとサービスキャンペーンは車両保安基準に適合しているか、いないか?の違いです。 リコールは    必ず実施する必要がありますがサービスキャンペーンは”改善措置”ですので強制力はありません。
詳細はコチラでご確認下さい。

※ちなみに交換部品はコレです。
P6292461

該当車種は
スズキ車が、ワゴンR、ラパン、パレット、アルト  詳細はコチラ
マツダ車が AZワゴン             詳細はコチラ

P6292458

もし、上記車両のプッシュスタート車にお乗りで「たまに、エンジンが掛からない事有る」って方は一度調べて見た方が良いですね!!

カテゴリー : 伊那店 | 車のこと タグ:  投稿日 : 2016年6月30日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

ホイールを購入する時は、インセットやPCDだけじゃなく “アソコの大きさ”も必ず確認してね!

今日は!  珍しく連続投稿です!!

(本来これがブログの有るべき姿ですよね~ 出来るだけ頑張ります!!)

 

さて、前回書きました、ディズルークスに、ルークス(あ~、ややこしい・・・)のホイールが合わなかった件を検証してみましょう!

 

ホイールを購入する時に皆さんが確認する事って何ですか?

ホイル

ホイールの径(13インチとか14インチとか)・ボルトの穴の数(軽はほぼ4穴)、ホイールの幅(軽は4J~4.5J)それからインセット辺りでしょうか?

 

大事なんだけど意外と忘れがちなのが「ハブ径」なんですね!

P4172302

 

ディズルークスのオーナー様も車について詳しい方なので、“ルークスとディスルークスのOEM供給元がスズキと三菱と違う”事までは把握されていたのですが、「スズキと三菱でホイールのハブ径が違う」って事までは考えが及ばなかった様ですね。

これが逆だったら良かったのですが・・・

※三菱の純正ホイールをスズキ車に履かせるのであればホイールが4mmほど外へ出るだけで全く問題なかったのですけどね~

 

社外のホイールであれば、ハブ径を大きく作ってあるのでまず問題ないのですが、メーカー純正ホイールを他メーカーの車で使う場合は十分に注意が必要です。

ホイル

結局、ディズルークスは、自作加工でハブ径を大きくしていたのですが、リヤのハブキャップを噛みこんでしまい、左右のハブキャップ交換。

安全に使うにはこのホイールはやめたほうが良いという判断になり「社外のホイール」をご購入されることになりました。

手間と、労力、それから中古ホイールの購入代金の事を考えると「高い授業料」になってしまいましたね(涙)

カテゴリー : 車のこと タグ:  投稿日 : 2016年4月18日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

”いいな~”って思う車を見つけたらコレだけは確認しましょう!!

こんにちは、ポッキリ屋です。

 

そろそろ大学生は学年末の(進級?)のテストが終わる頃ですかね~

 

我が家の娘(短大生)は今日(1月15日)までテストで16日から早くも春休み(追試がなければ・・・)らしいです。 高校3年生は2月から自宅学習ですかね~!?

今週末も、新卒者の方が“初めての車探し”にご来店いただくと思うのですが、当ブログの過去ログをシッカリ読み込んで勉強しておけば間違いの無い車選びが出来ますよ~(笑)

IMG_1777

 

さて、めでたくお目当ての車両があったとします。 次にあなたはどうしますか?

 

「値引き交渉をする!」   ブー! それは一番最後です(苦笑)

 

まずは「試乗」をしてみましょう。

 

車は乗り物です(当たり前ですが)展示場でいくら眺めていても良い悪いは判断できません。 まずは試乗してみましょう!

(ポッキリ屋ではあらかじめご予約頂ければ全車試乗OKです)

IMG_1776

 

次に確認する事は「事故の有無」と「走行メーター」です。

営業マンに口頭で確認するだけでなく契約書にキチンと記載してくれるのか確認しましょう。 (後で“言った、聞いてない”といったトラブルを避ける為に)

(ポッキリ屋では契約書に明確に記載しています)

 

次に確認するのは納車の整備内容と保証の期間と範囲です。

車の製品精度が向上して“壊れちゃった”って話はあまり聞かなくなりましたがそれでも機械ですからいつ故障するかわかりません。 せっかく購入したのにスグに壊れちゃったら・・・悲しすぎますよね!

(ポッキリ屋の納車整備は12ヶ月点検相当 保証期間は原則3ヶ月。範囲は保証書に明記しています)

IMG_1775

ここまで確認したら「支払い総額」を確認しましょう。 

 

一般的には店頭プライス(車のフロントウィンドウに貼ってありますね)に対し“登録諸費用” “整備費用”場合によっては“保証料”が別に請求されます。 ですから店頭プライスでは乗ることが出来ません

(ポッキリ屋では“店頭プライスが乗り出し価格”特別な追加装備を付けなければ余計なお金は1円たりともかかりません)

P6160647P6160649

ここまで確認した上で、最後の「値引き交渉」ですよね(笑)

 

ポッキリ屋は本当に“薄利販売”の為お値引き販売はしておりませんが、新卒者の方のご購入に限り「夏タイヤ新品装着納車」又は「お手入れ楽々のボディーコーティング」のどちらかをサービスさせて頂きます。

 

是非、ポッキリ屋までご来店頂いて“通勤・通学の相棒”を見つけて下さいね!!!

展示場を回るだけでは良い車に出会えませんよ!

こんにちは、お久しぶりです! 年末年始と書き込みサボってしまったので年始のご挨拶もまだでしたね(苦笑)
今年も“飯田,伊那の軽自動車専門店・ポッキリ屋”を宜しくお願い致します!

DSC_0209[1]

さて、お正月も明け、9~11日の三連休には「新卒者の方」が“ご就職、ご進学の通勤・通学用の軽自動車”を探しにご来店いただきました。

お父さん、お母さんと一緒に「あれがいいかな? このはカワイイね!」と楽しげに展示車を見ていただけると私どもお店側も楽しい気分にさせていただけますね!!

CIMG0285CIMG0217CIMG0023

でも・・・  ご来店されるお客様の車の探し方で「もったいないなぁ・・・」と思うことがあるんです

それは・・・

“ご希望の車種や条件を教えて頂けない方がいらっしゃる”ってことなのです・・・

“いらっしゃいませ~。 全て鍵を付けてありますのでご自由にご覧下さい。 もしご希望の車種が無い場合は他の店舗在庫もご案内できますのでおっしゃって下さいね!!”

「いや、色々回って探すからいいよ・・・」        ガ~ンッ(涙

お客様の気持ちとしては「うかつに色々話したら“売り込みセールス”があるから嫌だ!!」 って気持ちですよね・・・

わかります! 私もとっても気が弱いので(苦笑)「希望のクルマを教えたりアンケートに答えて名前や携帯番号なんか教えちゃったらセールス電話がバンバン掛かってくるんじゃ・・・」って心配しちゃいますよね。

でも、今の時代強烈な押し売りセールスしてくるお店はほとんどありませんよ。
(少なからずポッキリ屋では押し売り営業はしておりません)

 

ちゃんとした営業をしているお店であれば今の時代、フェイスブックページなど「SNS」は普通にやっていると思うので変な営業していたらたちまち「クレームの書き込み」されちゃいますから(笑)

 

実は、ご希望の車種や条件(色や、価格、2WDor4WDなど)とご連絡先を教えて頂けると“様々なオトク情報”をご案内出来るんですけどね!!

ポッキリ屋は飯田と伊那の2店舗なのですがグループ企業として“車のお探し専門店カーネットプラザ”と車の買取専門店 JACがあります。

車のお探し専門店カーネットプラザ    ・車買取専門JAC

つまり、ポッキリ屋の在庫だけでなく、カーネットプラザの下取車・仕入車やJACの買取車両情報の中からご紹介することが可能なのです!!

2月、3月の繁忙期ならグループ全体で200台前後の車が動きますからこの情報を利用しないのは“本当にもったいない”

ご依頼方法はとってもカンタンです

飯田店は営業の高見・表

DSC_0214[1]

伊那店は営業の源・藤森

IMG_7803

 

まで、ご希望車種(車種名がわからない方は“こんな感じの車”でもOK)とご予算、外せない条件とご連絡先をお伝え下さい。

きっとご希望の車が見つかりますよ!!

初めてクルマを購入する方の為の「軽自動車の選び方」講座 Ver2

昨日、今日と冷え込みますね~ そろそろタイヤ交換などお車の冬支度が必要ですよ!

 

さて、前回に続き 初めてクルマを購入する方の為の「軽自動車の選び方講座」スタートしますね!

 

軽自動車には“セダンタイプ” “トールタイプ” “トールタイプのスライドドアタイプ”

“箱バンタイプ”があるとお話しました。

 

実はこれ以外にも“ジープタイプ”や“オープンカー”もあるのですが車両数が圧倒的に少ないので

割愛しますね。

 ジープタイプ

パジェロ

 

オープンカー

コペン

 

(ちなみに“トールタイプ”などの名称はポッキリ屋が名付けたもので正式な名称ではないのでご了解下さいね)

 さて、タイプ別に特徴を見ていきましょう!

 

オッと、その前に「軽自動車の大きさは全車種ほとんど同じ」ってご存知ですか?

 

正確に言いますと「軽自動車の全長・全幅はほぼ同じ」なのです!

 

「え~、でも駐車場で見ると、同じ黄色のナンバー付き車両でも全然大きさ違うじゃん!?」

 

そうですよね、確かに大きさ違って見えますよね(笑)

 

実は、大きさが違って見えるのは「車高=高さ」の違いなのです。

 

カタログデーターで比較すれば一目瞭然なのですが

「軽自動車の全長×全幅」は3,395mm(全長)× 1,475mm(全幅)

です!

ですから、可愛い「ラパン」もショコラ

販売台数NO1の「N-BOX」も、n

ももクロがCMしている「ハスラー」もハスラー 

赤帽で使われている「サンバー」も赤帽

 長さと幅は同じなんです!!!

 

「でも実際に乗ってみると全然広さが違うよ~」

 

そうです、“室内の広さ”はタイプごとで大きくことなります。

 

室内の広さは

セダンタイプ < トールタイプ < スライドドア < 箱バンタイプ

 

この順番ですね。  

 ぜひ、クルマ選びの参考にして下さいね!

カテゴリー : 車のこと タグ:  投稿日 : 2015年11月27日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

初めてクルマを購入する方の為の「軽自動車の選び方」講座 Ver1

 

今週から、来年3月へ向けて車購入のご相談にご来店に頂く方もチラホラ。

 

「え~、まだ免許も取れていないのに車の話~?」と言われてしまいそうですね(苦笑)

 

確かに、実際に車を使うのは来年3月からでしょうが車って「今日決めて明日から乗れる」

 

って商品じゃないですよね! 名義変更もしなければいけません。 車検が付いていない

 

車なら車検手続きも必要。

 

何より、ご希望通りの車が店頭に有ればいいのですが無かった場合は“探す時間”も考慮し

 

ないといけませんから“12月の上旬からスタート”しても早すぎる事はないと思います。

 

私の子供も昨年春高校を卒業しましてお友達の何人かが当店で車を買って頂いたんですが

 

ご来店の際に「決まっているのは色のみ」って子が多いんですよね~

 

初めての車ですから何を選んだら良いのか判らない(特に女の子は)と思いますので簡単に

 

軽自動車ってどんなのがあるのか? ご案内しますので是非勉強して下さいね(笑)

 

さて、軽自動車を選ぶ前に「ナゼ軽自動車にするのか?」を今一度考えて見ましょう。

 

何で軽にするの? ってお聞きすると「軽は安いから」ってご返答が多いのですが

 

軽自動車は決して安くありません! 車両の値段だけで比べれば1,000~1,500ccクラス

 

いわゆる“コンパクトカー”が一番お値打ちです。 実は燃費もこのクラスの方が良かった

 

りします。(正直なところ燃費は乗り手で大きく変わるので単純な比較は難しいのですが・・)

 

では、ナゼ“軽自動車は安い”といわれるのかと言うとそれは維持コストなんです。

 

※詳細はブログバックナンバーでご確認下さいね。

税金について: http://pokkiriya.com/1363.html

 

保険について: http://pokkiriya.com/1382.html

 

つまり、税金や車検、保険料などの“車を乗る際に掛かる経費が安い”わけで

 

車(車両代金)は決して安くないのです。 あっ、高速料金は普通車より安いですよ!

 

さて、前置きが長くなりましたが

 

何を基準に選ぶのが良いのでしょうか?

 

実際のところイマドキの軽自動車はどこのメーカーを選んでいただいても外れはありませ

 

んからお好きな形、色で決めて頂いて問題ないと思います。 チャンちゃん!

 

それでは“身もふたも無い”ですね(笑)

 

では手始めに 軽自動車のタイプ(形)にはどんなものがあるのか見てみましょうか?

 

軽自動車にはザックリ分類して4つのタイプに分かれます。

 

セダンタイプ

ラパンmira

トールタイプ

ムーブワゴンRjpg

トールタイプのスライドドアタイプ

tannton

ハコバンタイプ

バモスjpgエヴリィjpg

画像はあくまでも代表的な車種を掲載しました。 どうでしょう、大体のイメージが出来ましたか?

 

では次回はタイプ別のメリット、デメリットをお伝えしますね!

カテゴリー : 車のこと タグ:  投稿日 : 2015年11月25日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

そろそろスタッドレスの季節ですね!

今朝は冷え込みましたね~ 出勤したら展示車のフロントガラスが凍っていてビックリしました!

霜が降るようになればそろそろ準備が必要ですね~

「何が?」ってスタッドレスですよ! 春にタイヤ交換した時、スタットレスタイヤのチェックしましたか?
12月になると当店もタイヤ交換作業で忙しくなるのですが、交換に持ってきて頂いたタイヤがとても使える代物でない事が結構あります。

 

どちらかと言うと“4WDにお乗りのかた”の方がスタッドレスタイヤに対して無頓着な傾向強いかも・・(苦笑)

 

スタッドレスの交換時期については色々なサイトやタイヤメーカーの広告で目にされていると思いますが改めて復習してみましょう!

 

さて、スタットレスタイヤで必ず確認しなければいけないのが「プラットホーム」です。

61_1766_1

プラットホームはタイヤの残り溝がほぼ50%になったことを教えてくれるサインです。

画像2画像1

(上の画像が新品のプラットホームです)

ちなみにタイヤの山はこんな感じです。

P9091707P9091708

 

山的にはまだ使える感じしちゃいますよね~?

でも、タイヤメーカーではこのプラットホームが出てしまったらスタットレスとしては使用できないとしています。

 

次に重要なのが「スタットレスのゴムの硬さ」なんですが、保管状況はもちろんタイヤのメーカーによって大きな違いがあります。

※B社のカタログには”3年は新品同等の性能。5年以上経過したタイヤは継続使用に適しているか販売店で確認。10年以上経過したタイヤは交換をお奨め”と記載があります。

タイヤ交換の作業で実際のタイヤに手を触れるわけですがヤッパリ新品のタイヤは「やわらかい弾力」がありますね。 交換後、作業リフトから車を下ろす時、ゴムがよじれるギュ~って音がします。 古くなるとこの音しないんですよね! まあ、”5年が過ぎたらそろそろ交換を検討”で良いのではないでしょうか?

ちなみにタイヤには「製造年・週」が刻印されているのはご存知ですか?

 

下記の画像だと2011年の28週目の製造という意味になります。

PA261901

スタッドレスは季節商品のため需要期になると欠品してしまったり納期が遅くなったり

 

場合によっては価格が上がってしまうこともあります。

 

安心の為にも出来るだけ早い時期にご自分の愛車のスタッドレスを確認される事をお奨めします。

 

カテゴリー : 車のこと タグ:  投稿日 : 2015年10月26日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

寒い冬に重宝する装備はコレ!パート1

まだまだ日中は暑いくらいなので「冬の話」をしてもピンとこないと思うのですが

 

確実に寒い冬はやってきます。 寒くなってから慌てないように今のうちから準備しましょうね!

 

さて、寒い冬に重宝する装備に「エンジンスターター」があります。

エンスタ

冬期の伊那谷では毎日のようにフロントガラスが凍結してしまうので安全の意味でも

 

エンジンスターターを装着する意味はあると思います。

「毎日お湯で溶かす」って方もいらっしゃいますがくれぐれも熱湯は避けて下さいね。
それから僅かでもガラスにキズが入っているとお湯をかけた途端に“ピキッ”とヒビが入ってしまう事がありますから十分ご注意下さい。

 

氷点下の屋外へ出て、エンジンをかけて、また暖房の効いた屋内に戻るのは「ヒートショック」の観点から考えて健康面でのマイナスもありそうですし

一度使い慣れるとエンジンスターターの便利さを手放す事は難しいですよね?

 

ですから、当店でも「今のクルマに付いているエンジンスターター、次の車でも使える?」ってご質問頂くのですがほとんどの場合使えません。

 

ナゼかというとイマドキのクルマには軽自動車であってもほとんどの車両が「イモビライザー装着車」だからです。(全てではないですが・・・)

 

そもそも「イモビライザー」ってご存知ですか?

 

イモビライザーとは「盗難防止装置の一つ」でカギの内部に「イモビチップ」が埋め込まれており車に車載されている「イモビ本体」とカギに内蔵されている「イモビチップ」が通信出来ないとエンジンが掛からない仕組みになっています。

PA211899

※イモビチップはスマートキー(画像下)だけで無く旧来のカギ(画像上)にも内臓されています。 

このカギはBP5型レガシィ用ですが(軽自動車でなくてスミマセン)このカギの場合

いわゆる鉄のカギ部分を鍵屋さんで複製しても“ドアロックの開閉”は出来てもエンジンは掛かりません。 イモビ付き車両の場合イモビ本体とイモビチップの通信が出来て初めて車の始動が可能になるわけです。

イモビ2イモビ_1

さて、本題の「前の車で使ってたエンジンスターターは次の車でも使えるか?」ですが

 

イモビ非装着車からイモビ非装着車両への乗り換え(もしくはイモビ装着車同士の乗り換え)であれば使えますが、そもそもイモビ非装着車用とイモビ装着車用ではエンジンスターターの機能が違うので“ほぼ使えない”と思っていただいて間違いありません。

 

イモビ非装着の頃はエンジンスターターの選択も、取り付けも比較的簡単だったのですが

イモビ付き車の場合は出来るだけ「車種別対応の専用品」をお勧めしています。

 

それから、取り付けに際し「意外なもの」が必要になる場合がありますのでご注意下さい!

 

次回は「エンジンスターターを取り付ける時に必要な意外なモノ」をお知らせしますね!

 

カテゴリー : 車のこと タグ:  投稿日 : 2015年10月21日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

お気軽にお問い合わせください

ポッキリ屋飯田店 電話番号 0265-48-0067 メール iida@pokkiriya.com

ポッキリ屋伊那店 電話番号 0265-71-5350 メール ina@pokkiriya.com

お問い合せフォーム

お名前 (必須)
ふりがな (必須)
ご住所
メールアドレス (必須)
お電話番号
お問い合せ内容
(必須・複数選択)
車を売りたい車を買いたいこのページの車を見たいここにない車を探しているとにかくお店に行ってみたいその他
ご相談内容
当社からの連絡方法
電話メールどちらでも