タグ別アーカイブ: その他

軽自動車のエンジンOILどう選べばイイの?

こんにちは~  しばらくブログをサボっておりました・・・

改めて、心を入れ替えて真面目に更新しますのでお付き合い宜しくお願いしますm(__)m

さて、ポッキリ屋の気まぐれブログで一番注目度が高いのが「オイル交換について」です。

ヤッパリ皆さん車を大切に乗り続ける為には“オイル交換が重要”って事ご存知なんですね~
※「オイル交換なんて車検の時だけで良いんじゃないの?」という”フトドキ者”は
これを必ず読んで下さいね

さて、軽自動車のオイル交換は普通車よりもキッチリ行う必要がある事はご理解頂けたと思いますがオー〇バッ〇スやイ△ロー△ットへ行くとオイルの種類がいっぱいあってどれを選んだら良いか判らなくなっちゃいませんか??

カンタンに説明するとオイルも「食肉」と一緒で種類とグレードがあるんですね~
(一口に肉と言っても種類は牛肉、豚肉、部位もバラ肉からロース、ヒレとか色々あるでしょ!)
オイルの場合単純化すると2つの要素で区分できます。

 

1つめは「オイルの粘度」です。

オイルの役目は「エンジン内部の潤滑・洗浄・気密・防錆・冷却」などがありますが潤滑性能はエンジンが冷えている時とエンジンが熱い時で役割が違います。

ですからオイル粘度については 5W-30 の様に冷えている時の粘度と熱い時の粘度を別々に表記します。
(最初に書かれている”5W”が冷間時の粘度、後の記載されている”30”がエンジンが高温になった時の粘度です。 数値が小さいほど”サラサラ”のオイルでエンジンに対する抵抗ロスが少ないのですがエンジンが高温になった時”油膜切れ”を起こしやすくなります)

最近の軽自動車は低燃費を実現するためにエンジンの回転抵抗の少ない0W-20が主流ですね~ ターボエンジン車は高出力の為熱量も高いので5W-30が主流です。

※ 粘度についてはメーカーの推奨を守った方が良いでしょう。

2つめは「ベースオイルの違い」です。
ベースオイルは大きく分けて鉱物油とか化学合成油があり、中間の部分化学合成油を含め3種類に大別できます。

 

鉱物湯油と化学合成油の違いですが、一番わかりやすい違いは価格です(笑)

高い: 100%化学合成油 > 部分化学合成油 > 鉱物油 :安い となります。

で、100%化学合成だと何が良いのか?ですが “寒い時期でもエンジンの始動性が良く、耐熱性も高いのでオイルの劣化がしにくい上に、蒸発性も低いのでオイルがムダに蒸発することがないのも特徴です。”

という事らしいです。

 

ちなみに、鉱物油については

“鉱物油は原油を蒸留して精製された昔ながらのエンジンオイルです。現在、一般的に一番普及しているベースオイルで価格が安い分、耐熱性能や酸化に弱いのが特徴です。化学合成油に比べると分子構造にばらつきが多く、エンジンの始動性や燃費、維持などは劣りますが、こまめに交換すればなんの支障もなく走行できるレベルの品質は維持されています。”

 

結論ですが「交換時期をキチンと守れば、通勤、レジャーでの使用ならどちらを使っても大差なし」というのがポッキリ屋のオイルマイスター・高見の見解です。

 

3つめは「規格」です。

「なんだよ、2つの要素って言ってたじゃないか!」と怒られそうですね(苦笑)

本当はこの規格が一番重要なのですが、規格が更新されると旧規格のオイルは直ちに市場から消えていきます。例えは今(2017年11月現在)価格comで検索しても

最上級のSN規格が77銘柄、次のSM規格18銘柄、3番目のSL規格にいたってはたったの2銘柄の販売ですから迷う事もないのではないでしょうか?
詳しく知りたい方はコチラ をご覧ください。

以上、色々書いてきましたが以前のブログでも書いた様に

軽自動車はオイル交換をズボラにするとエンジンに対するダメージが大きいので、メーカー推奨のオイル性能(グレード、粘度)を守ってチャンとオイル交換しましょうね~

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年11月7日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

雨ニモマケズ、風ニモマケズ・・・納車です(^^)

 

台風接近と秋雨前線の影響で今日も朝からあいにくの天気となってますね。台風21号は今夜から明日朝にかけて長野県に最も接近するようです。皆様もお気お付けください。

 

さて、そんな悪天候の中、わざわざ岐阜県から納車の為にお客様にご来店をいただきました。

 

同じ職場で働くお二人にそれぞれ納車をさせていただきました。

 

 

ホンダ ライフ(JB6)をご購入いただきましたT様です。

 

 

ダイハツ ソニカ(L405S)をご購入いただきましたI様です。お写真NGとの事でしたので以前に撮影した車両写真を・・・。

 

 

以前よりお世話になっている顧客様より「同僚の子たちが車が必要になったから相談に乗ってあげて~」とお二人をご紹介いただき、ご紹介様も含め皆様で遠路はるばるご来店いただきました。

 

既存のお客様からのご紹介や口コミで新しいお客様にご利用いただける・・・とても嬉しく有難い事だと思います。ご利用いただいた方皆様に「次もあの店を使いたい」とか「家族、知り合いに紹介したい」と思っていただける様な店づくり、対応を心掛けて行きたいとあらためて思いました。

 

T様、I様、またご紹介者のS様、ありがとうございました。

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年10月22日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

イナゴ通信プレゼント第28弾 ☆ご当選者様☆ 【伊那店】

イナゴ通信プレゼント第28弾!伊那店からご当選者様です(^^)

株式会社長野食料様の「養肝漬ドレッシング・かけるお漬物」と「たまり飴」のセットをプレゼント(^^)/

「かけるお漬物とっても気になります(^^)」と言っていただきましたが、私もとっても気になります。特製たまり醤油でじっくり発酵させた養肝漬を隠し味の伊賀産菜種油で風味豊かに仕上げたオリジナルドレッシング「かけるお漬物」は何にでも使えそうなドレッシングですね。たまり飴ももちろん気になっております。甘じょっぱいものはなんであんなにおいしいんでしょうか(笑)

地元出身ではないS様ご夫婦に楽しんでいただきたいと思います(^^)ご当選おめでとうございます(^^)/

カテゴリー : その他 | 伊那店 | 当選 タグ:  投稿日 : 2017年10月16日 投稿者 : ポッキリ屋伊那店

イナゴ通信プレゼント第28弾 ☆ご当選者様☆ 【飯田店】

イナゴ通信プレゼント第28弾!

今回のプレゼントは・・・株式会社長野食料様の「養肝漬ドレッシング・かけるお漬物」と「たまり飴」のセットです。

 

特製たまり醤油でじっくり発酵させた養肝漬を隠し味の伊賀産菜種油で風味豊かに仕上げたオリジナルドレッシング「かけるお漬物」

 

養肝漬を和スイーツで表現したいとの思いで試行錯誤を重ねた末に完成した、たまり醤油テイストのどこか懐かしい味のする「たまり飴」

 

 

 

そんな長野食料様のこだわりが詰まった今回のプレゼント、ラッキーなご当選者様がご来店されました。

 

奥様よりお電話にて当選確認のお問合せをいただきました。当選をお伝えすると「うゎ~本当に嬉しいです!ありがとうございます!」と本当に嬉しそうにおっしゃっていただきました。ご夫妻で仲良くお召し上がりください。S様、ご当選おめでとうございました。

 

 

 

当選確認期限は10月14日(土)までとなっております。ご確認がまだの方は

是非、確認して見て下さいね。

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年10月10日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

雨の納車となりましたが・・・(^^)

今日の伊那はさっきまで結構な雨でしたがお客様が待ちに待った「スバル フォレスター S-Limted」の新車の納車をさせていただきました(^^)/ポッキリ屋は中古車専門ではありますが、ご依頼を受ければ新車も大丈夫なのです(^^)

カラーは紺色で、かなり深い紺です。SUVであるフォレスターもちょっとエアロを付けるだけでなかなかカッコいいですね。

リアバンパースカートは後姿がとてもかっこよくなります。

オーナー様にお願いして中の様子もちょこっと撮影させていただきました。

ただただ新車のフォレスターが羨ましくて仕方ない源ですが、

最後に笑顔で記念写真を撮らせていただきました(^^)M様ありがとうございました(^^)

 

ジムニーはやっぱりラダーフレームなんですね~!!

20年ぶりにジムニーがフルモデルチェンジするそうですね!

現行のJB23Wが発表になったのが1998年ですから本当にロングランの製造です。

ただ、新聞の報道等で「20年ぶりに4代目へフルモデルチェンジ!」と書かれているのを見て

私は「?」と感じたのですが皆さんはいかがですか?

ナゼ疑問を感じたかったといいますと・・・

確かに3代目ジムニーといわれている現行のJB23型は1998年からズ~~~っと型式も変わらず作り続けてきた車両ですから「一つの世代」と括るのは理解できます。

しか~し

2代目ジムニーといわれる初期のSJ30系と最終のJA22系を一括りにして良いのか??
ということです。

2代目初期のSJ30系(1981年~)はエンジンの排気量550CCに対し、2代目3期JA11系(1990年~)からは排気量660CCですし
2代目4期JA22系(1995年~)ではそれまでのリーフサスからコイルサスに変わっていますよね~

(こんなに内容が変化しているのに”2代目”と一括りにして良いもんでしょうか? 世のジムニーマニアの方の見解をお聞きしてみたいですねぇ(笑))
ちなみにウィキペディアではこんな内容でした

初代のLJ10(1970年~)からSJ10まではエンジンが2サイクルですし”同じ世代”と言われてもナットク出来るんですがね~


※でも、この時期のジムニーについては無く知識が全くの私見です(苦笑)

で、いろいろウンチクを述べてきましたがジムニーがハスラーによって駆逐される事無く生き残った事はとっても喜ばしいですよね!!

 

そして4代目も「ラダーフレーム」は変わらず踏襲するようです!

”本格派クロカン四駆”はやっぱりラダーフレームなんですね~!!

カテゴリー : その他 | 車のこと タグ:  投稿日 : 2017年9月20日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

まだ”夏服”着てるのにスタッドレスのCMが流れ始めましたね~!!

朝晩はすっかり秋の気配が感じられる今日この頃ですが日中はまだまだ暑いですね~!

「日中はエアコンを入れてる」って方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな折、もう始まっちゃいましたね~ 熱い商戦が・・・(苦笑)

そうです!冬の伊那谷で車を乗るには欠かせない”スタッドレス”のCMが9月から始まりました!

私はまだ、福山雅治さん出演のダンロップCMしか見てませんがスグに各社流れてくるでしょうねぇ 🙂

今年は、スタッドレスシェアNO1のブリヂストンが従来のVRXからVRX2へ

ヨコハマもIG50からIG60と新商品(新パターン)を出してきますから相当熱い商戦になるでしょうね!

ところで、

スタッドレスには「プラットホーム」という”スタッドレスタイヤとして使用できる目安

があるのはご存知ですか?


※画像、下の三角がプラットホーム、上の三角がスリップサインです。

画像のタイヤはまだ、溝のが残っている様に見えると思いますが摩耗しておりスタッドレスとしては使用出来ません。

また、スタッドレスは”ゴムの弾力”も重要な要素。

古くなるとゴムは固くなるためタイヤの溝はシッカリ残っていても凍結路では全く効かないって事も・・・

タイヤの年式はサイドに刻印されています。 このタイヤは2010年35週目の製造を表しています

当社でも11月頃には「スタッドレス早期販売セール」を例年行っていますが

スタッドレスって早期の方が絶対にオトクな購入が出来ます。

これは当社に限った話ではなくオー〇バックスさんや、イエ〇ーハットさんのような量販店さんでもシーズン最初の広告の価格が一番安いです!(これ本当です!)

イナゴ通信の11月号ではスタッドレスのご案内を送らせていただきます!

「今年はスタッドレス変えなきゃな・・・」って方は今のうちからご検討を!!

 

 

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年9月6日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

ゼブラゾーンって「走行可能」だってご存知でした?

最近、車関係のネット検索をしていると頻繁に出てくるのがこの「ゼブラゾーン」の話。

 

ゼブラゾーンって正式には「導流帯」というらしいのですが道路にある斜めに白い線がペイントされてシマシマになっている所です。

よく右折専用レーンの始まり部分にペイントされていますよね!

 

ここって“通行して良い”ってご存知でした?

 

自慢では無いですが私、知ってましたよ~

 

でも、何となく遠慮しながら通ってたんですが、実はこのゼブラゾーンの法的な解釈って

皆さんの想像とかなり違いがあると思います。

 

ここで説明するより、わかりやすく解説してくれているサイトがあるのでリンクを貼っておきます。

ゼブラゾーンを通行不可と誤認識している危険性…勘違いしている人が続出…

多分「え~っ!そうだったの??」とおっしゃる方がほとんどだと思いますよ。

 

右折レーンに侵入する際は“ゼブラゾーンから直進してくる右後方車両”に十分注意する必要がありますね!

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年9月3日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

車は走らせて楽しむもの(^^)

当店の整備をお願いしている社長さんは旧車フリークなのですが、先日外したタイヤを積んでくるのに結構めずらしい車でお越しになりました。

「何もこれに積んでこなくても(笑)」と声を掛けましたが「たまには走ってやらないと調子もよくないし」ということでこの界隈を現役で当時のごとく仕事車な昭和42年式ダットサントラックの画像を撮らせていただきました(^^)

今の車と違って個性的で雰囲気あっていいですよね(^^)

ラジオなんてダイヤル式で局合わせする時代ですから(笑)たぶん若い方には伝わらないでしょう(^^;

実際に三角窓というものは知ってはいましたが、エアコン付の車しか所有したことのない私は風を入れるのにこんな風に使うことを知りませんでした(笑)

このダットサンのシールは当時物ということで旧車乗りの方々のこだわりですね(^^)

全体的にヤレ感はありますが、とてもいい雰囲気のこの車、見るたび乗ってみたいとは思いますが、コラムマニュアルシフトに全く自信がない源でございました(^^;

ご年配の方こそ「安全なクルマ」をリースされたらいかがでしょうか!

新しい車の方がぶつからない安全装置がついていて安心なのはわかっとる!

でも歳だからいつまで車に乗れるかわからんからなぁ・・・

 

この伊那谷では「車は生活のアシ」 ご高齢の方でも「車が無い生活」は非常に不便で快適な日常生活を過ごすことが困難です。

ですから、「運転には不安があるけれど免許の更新が出来る限りは車に乗らにゃしょうがない・・・」って方多いのではないでしょうか?

運転に対する不安=加齢による運転判断のミスや遅れが事故につながる不安でしょうね

 

現在販売されている新しい車には衝突軽減ブレーキや誤発進防止装置など「ぶつからないための装備」が付いているので可能な限り新しい車両へ乗り換えることが事故を未然に防ぐ事に繋がります。

「ぶつからない装備付きのクルマが良いことは判ってるよ。 でもあと何年クルマに乗れるんだか・・・ 次の免許更新が出来るかだってわからないのに新しいクルマなんか買えないよ!」

 

確かに車は高い買い物です。 でも「安全の為の投資」を惜しんで事故を起こしてしまったら・・・ 恐ろしいし、後々後悔しますよね。

もし、いつまで乗れるかわからない場合は「個人リース」を利用したらいかがでしょうか?

例えばオリックスの“いまのりくん”なら契約後2年経過すればいつでも車両の返却が可能です。 “いまのりくん”は車検代金も月々のお支払いに含まれますから“最新の安全なクルマ”に月々定額で乗って頂く事が可能です。

(突然の大きな出費が無いから生活の計画も立てやすいですよね!)

・1日でも長く、安全にクルマの運転を楽しむために

・安全で快適なクルマに月々定額払いで無理なく乗るために

・周りの家族に運転やクルマについての心配をかけないために

是非「個人カーリース」ご検討下さい。

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年8月30日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

さすが「ワゴンR」 マニュアルミッションを追加設定!!

最近の車ってMT(マニュアルミッション)のクルマって少ないですね~

日産のGT-Rの様なスポーツカーでも3ペダルのMT車は設定がありません。

あのフェラーリでさえ最近の車両は2ペダルのF1マチックのみの設定。

 

そんな中でスズキさんサスガです。 あの新型ワゴンRでマニュアル車を設定して8月23日から販売開始しました!!

フロアーからシフトレバーが”ニョッキリ”と伸びています(笑)

93年に日本初の「ハイトタイプ軽自動車」として爆発的な人気で一世を風靡した
CT21S型からワゴンRってやってくれますね~

「オートマの方が楽だとは思うんだけぇどマニュアルしか運転出来んのな~」とおっしゃる年配の方結構いらっしゃいます。

恐らく、マニュアルを設定しても利益には貢献しないんでしょうけれど「顧客の要望があれば・・・」とのスズキさんの姿勢「流石」です!!

 

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年8月24日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

若者のクルマ・バイク離れ 何とかしないと!!

昨日 8月19日は語呂合わせで「バイクの日」なんだそうです。
このところ「第三のバイクブーム」と言われるように400ccを超える排気量のビッグバイクはそれなりに販売台数を維持しているようですが、400cc未満、特に「原付=50cc以下」の販売台数の落ち込みは凄まじくなんとピーク時の1割しか売れてないそうなんです・・・

 

私の高校生だった80年台はちょうど第二次バイクブームのころ

原付初の水冷エンジン「RZ50」とかカワサキの「AR」

 

そしてとても原付に見えないホンダの「MBX」 オフ車ではヤマハの「DT」など今でも魅力的な原付を各社で販売していましたね~

 

しかし、その後の「3ない運動」の高まりやバイクに対する馬力や排ガスなど環境適応に対する規制が厳しくなり衰退。 現在の惨状に続くわけです・・・

それにしても「若者のクルマ離れ」言われるようになって久しいわけですが

「若者のバイク離れ」ってもっと深刻の様な気がします。

巷で言われる“第三次バイクブーム”は80年代の第二次バイクブームを経験した後、しばらく休眠していたリーターンライダー」が支えているようですから非常に短い需要だと予想されますよね・・・

バイクにしても車にしても実際に乗ってみればその便利さ、そして“楽しさ”に気付くはず。

ポッキリ屋もその一助になれればと思っております!

(チョット強引な結論付けでしたね・苦笑)

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年8月20日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

スーパーチャージャーって何??

最近入庫したサンバートラックですが、なかなか出てこないスーパーチャージャー付きのマニュアル軽トラックです。サンバー好きな人は心くすぐられる一台ですね(^^)

http://pokkiriya.com/zaiko/4367.html

ところでスーパーチャージャーってなんでしょう??

スーパーチャージャーはいわゆるターボと同じ過給機といわれるものです。過給機はエンジンが吸い込む空気の圧力、すなわち密度を高くすることで酸素を多く取り込み、より高い燃焼エネルギーを得るための補助装置です。単純に言えば過給機がついていれば速いクルマということです(^^)

機械式過給機を指して「スーパーチャージャー」と呼び、排気タービン式過給機を「ターボチャージャー」と区別されています。

スーパーチャージャーは、クランクシャフトからベルトなどを介して取り出した動力や電動モーターによってコンプレッサーを駆動し、空気を圧縮してエンジンに供給する補機で、機械式のため低速から効果を発揮します。

そしてターボチャージャーは主に、排気ガスの流れを受けて回転するタービンと、タービンの回転を伝達するシャフト、タービンのトルクを利用して空気を取り込んで圧縮するコンプレッサーそして、タービンやコンプレッサーの周辺の流れを制御するハウジングで構成されます。通常は廃棄される排気ガスの運動エネルギーを回収して駆動されるため効率が高くなります。

排気ガスを利用するので低中速域での効きは弱く、高回転域で効果が大きくなります。

軽トラックには以前はスズキ・エブリィ、ダイハツ・ハイゼットにもターボ付きがありましたが、スーパーチャージャー付きはスバルのみでサンバー以外はターボ付がラインナップから外れてしまったので速い軽トラといえばサンバーなのです!!

全車試乗OKなポッキリ屋ですから速いサンバーも試乗できます(^^)

珍しいスーパーチャージャー付のサンバーに是非乗ってみてください。

気に入っていただきましたらぜひお買い上げよろしくお願いいたします(笑)

 

 

 

明日よりお盆休みを頂戴いたします(^^;

明日8月12日(土)より8月16日(水)までお盆休みとさせていただきます。

お客様にはご不便をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いいたします。

先日のお休みに霧ケ峰にぷらぷらとドライブに行ってきました。車も少なく山上は涼しいし、ソフトクリームは美味しいし(笑)、気軽なドライブでした(^^)

何せ交通量が少ないのでこのあたりを走るのは気持ちも楽なものです。

しかし、普段からクルマを使っている人でも交通渋滞は精神的にも苦痛です。あまりに車が動かないとイライラしがちです。今日の朝のニュースで渋滞30kmと流れていましたが、皆様運転にはくれぐれもご注意なさってください。

この時期の高速道路は交通量が増加しています。交通量が増加するということは、その分、交通事故に見舞われるリスクが高まることになるので注意が必要です。このあたりの方は車を運転することが日常ですが、長期連休などは運転に不慣れな人も車を使用しているので気を付けなければいけません。

渋滞や暑さからくる、イライラを解消するためには、心にゆとりを持つことが肝心です。車で出掛ける際は、目的地までの道路状況や気温、天候などを事前にしっかりと調べた上で、余裕のある運転計画を立てておくといいそうです。

かくいう私も実家に帰る際は渋滞にいつもひっかかりますが、何時についても構わないとおもって運転しているのでイライラせずにのんびりです(^^)

楽しいお休みは安全運転でいきましょう(^^)/

 

五輪ナンバープレート決定しましたね!

今朝のニュースでやっていましたが「五輪ナンバープレート」のデザイン決定しましたね!

 

 

国土交通省が選んだ5つの候補の中から”Bパターン”が選ばれたようです。

 

 

皆さんは5つのデザイン候補のどれが好みですか?

※決定を知らせるTVニュース

 

ラグビーワールドカップ記念ナンバープレートはイマイチ盛り上がりに欠ける様な・・・

五輪記念のナンバープレートは大いに盛り上がって欲しいですね!

記念ナンバープレート、ポッキリ屋でもお手続き可能です。

納車の時はモチロンですが、納車後でも「気分を変えたいなぁ」という方はご相談くださいm(__)m

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年8月9日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

可能性は∞無限大!?

台風の影響でしょうか、雨が降り始めましたね。今夜から明日朝にかけて長野県付近を通過するようですね。皆様もお気お付けくださいね。

 

さて、先週は有難い事に二組のお客様より“ポッキリ屋お探しサービス”のご依頼をいただきました。早速、週末に2台まとめて入庫となりました♪

 

 

 

 

平成24年式 ダイハツ ムーヴコンテ カスタムRS♪

 

 

 

 

 

当店ではこのムーヴコンテ、お求めいただくお客様が多い人気車種の中の一台です。

 

 

 

 

平成24年式 トヨタ アクア S スマートエントリー ナビパッケージ♪

 

 

 

 

以前からご利用いただいているお客様より「軽自動車ではないけどポッキリ屋で買いたい!探してもらえますか?」とご依頼をいただきお探しさせていただきました。

どちらもしっかり準備し、ピカピカに仕上げをさせていただき納車致します。

 

 

 

当店では常時25台~30台の展示車をご用意しておりますが・・・。一口に軽自動車と言っても

年代別、タイプ別などなど・・・数百種類。そこにお客様のご希望する条件、ご予算もそれぞれ。

すべてのお客様のご希望を満たした品揃えを実現するのは残念ですが不可能です。

せっかくご来店いただいても御眼鏡に適った車両が見つからない事もあるかもしれません。

そんな時には是非、

「ポッキリ屋お探しサービスを!!」

とご相談ください。

飯田・伊那に5店舗(買取専門店1店舗、販売4店舗)あるグループ店舗の在庫情報、全国にある「会員専門のオートオークション」からご希望の一台をお探しさせていただきます!!

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年8月7日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

夏の暑さ対策アレコレ!!

暑いですね~

「暑い暑いと言っても涼しくならんから言うんじゃない!(怒)」

と言われてもアヂィ・・・

こんな時期はクルマに乗り込む瞬間が地獄ですね(涙)

エンジンスターターでもあれば室内をキンキンに冷やした状態で乗り込む事も可能ですが地球温暖が叫ばれる今、それはあまりにもモラルに欠ける(キッパリ!)

 

そこで、少しでも夏のドライブを快適にする「チョットした知恵」をお届けしますね。

 

1、定番ですが「サンシェイド」を使用する。
これは既に多くの方が利用していると思うのですがサンシェイドを使用することで多少なりとも室内の温度上昇を抑えることができます。

2、可能な限り日陰に駐車

これも当たり前の話ですが多少、歩く距離が遠くなっても日陰に駐車出来た方が良いですよね!
※ただし、太陽の駐車時間帯の太陽の動きに気を付けて!!

 

3、サイドウインドウを少しだけ空けておく
あまり、大きく開けてしまうと防犯上良くないので程々にモチロン貴重品は置かないように!

4、車に乗り込む時はスグに車内へ入らずエンジンだけ掛けてエアコン全開
(その時は無い気循環にすることをお忘れなく!)
で運転席以外のウインドウを全て空けてから運転席ドアをバタン、バタンと数回開け閉め!!
これで室内の熱気が確実に車外へ抜けます。

これで「灼熱地獄」だった車内はずいぶんとクールダウンしたはず!

 

オッとここで忘れてはいけないのが「チャイルドシートやシートベルトの金具」


これ、メチャ熱いんですよね~ 赤ちゃんの柔肌に触れたら間違いなく火傷います。

コールドスプレー(筋肉の消炎効果が無いタイプ)でシートも含め冷やしてあげると良いですね~

ここまでやれば「お父さんの株」は夏の温度計並みに上昇しちゃうよ!!

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年8月6日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

クルマは触って、試乗してみないと良さは判りませんよ~

車って、年代によって少しずつ変化してますね~

例えば”軽自動車のATシフトレバー“も進化しています。

 

上の画像は初期型ムーブのシフトレバーです。

運転席と助手席の中間に位置しているので当然ですが

運転席⇔助手席の行き来は出来ません。

 

次の画像は平成14年式ライフです。

 

ステアリングコラム(ハンドルの付け根)部分にシフトが移動したので

運転席⇔助手席の移動がスムーズに出来るようになりました! (コラムシフト)

これ、狭い駐車場や、”大雨が降っていて助手席側だけに雨除けの屋根がある”

なんて時に意外と便利なんですよね~

あと、女性の方は運転席と、助手席の間のスペースにトートバッグなんかを置いている方多かったですね。

でも、シフト操作にチョット難点が・・・

実はP⇒D(パーキング⇒Dレンジ) とか D⇒R(Dレンジ⇒バック)の際に

”シフトが行きすぎちゃう!” って事が起きるんですよ!!
(慣れの問題でもありますが・・・)

 

で、登場したのがこれ


一般的に「インパネシフト」といいます。

このシフトなら、運転席⇔助手席の行き来も出来てシフトミスもありません!!
でも、これって文章と画像で説明しても「実感」として伝わらないかもしれませんね(苦笑)

特に、コラムシフトの操作感覚は実際に触って、運転してみないと判らないと思います。

ポッキリ屋が「全車、試乗OK」にしている理由はここにあります。

クルマは外観を見ているだけでは良さや、使い勝手の判断が出来ません。

車に慣れていない方こそ「実車に触って、乗ってみる」事を強くお勧め致します。

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年8月2日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

今回の”イナゴ・プレゼント”は 「九州豪雨災害 義援金」への寄付とさせて頂きましたm(__)m

 ポッキリ屋ユーザーの皆様、イナゴ通信は到着しましたでしょうか?

 

毎回楽しみにして頂いているイナゴプレゼントですが、今回は「九州豪雨災害・義援金」への寄付とさせて頂きましたm(__)m

 
私どもが住む伊那谷は、幸いな事に大きな災害も無く平穏な毎日を過ごすことが出来ております。

しかし、今回の水害で被害を受けられた地域では未だに大変な状況が続いているのが現状です

可能であれば、現地に赴きボランティアとして復興のお手伝いをする事が一番なのでしょうが日々の生活もあり難しい・・・

 

しかし、何もしないで”傍観者”を決め込むのが一番良くないと思うのです。

 

そこで、昨年の熊本地震の時と同様に、ポッキリ屋ユーザー様へのイナゴプレゼントを

被災地の方への義援金として使わせて頂きました。

色々な支援団体がある中で支援実績が豊富で、東日本大震災の時より災害支援に取り組でいて

信頼できる組織の“オペレーション.ブレッシング”という団体へ寄付をしております。

可能であれば皆さんのご支援を宜しくお願い致します!!

 

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年7月31日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

“トヨタの軽” ピクシススペースを納車です♪

先日納車をさせていただきました “トヨタ ピクシススペース T様ご夫妻です。それまでお乗りになっていたお車が故障してしまい、修理代金も高額になってしまうという事でお乗り換えをとご来店いただきました。今流行りの両側スライドドアはございませんが背も高く室内が広々としたピクシススペースを気に入られご購入いただく事となりました。T様、ありがとうございました。

 

 

さて、昨日のブログに続きのようになってしまいますが・・・。

 

トヨタの販売する軽自動車って意外とご存じでない方が多い様で、T様がご購入される前のお話ですが、この車をご覧になり「ポッキリ屋さんは軽自動車専門でしょ!? トヨタって・・・・普通車も販売するの!?」 と言われたお客様がいらっしゃいました。

かつて、トヨタは日本の自動車メーカーで唯一、軽自動車の取り扱いをしていませんでした。しかし、軽自動車人気が年々高まっていることを受けて、2011年に軽自動車市場へ参入しました。

グループ企業であるダイハツから軽自動車のOEM供給を受け、トヨタの軽自動車シリーズとして販売しているのがピクシスシリーズです。現在は5車種を販売しています。

 

 

ピクシスメガ(ダイハツ ウェイク)

 

ピクシスジョイ(ダイハツ キャスト)

 

ピクシスエポック(ダイハツ ミライース)

ピクシストラック・バン(ダイハツ ハイゼットトラック・カーゴ)

 

※ 因みに、今回ご購入いただいたピクシススペースは今年の1月で販売が終了となっています。

 

 

もとのダイハツ車と比べると、エンブレム、カラーバリエーションなど若干の違いはありますが、その他の仕様は基本的には同じです。

 

しかし、トヨタ自動車と言えば日本国内でのシェアは独走状態、世界においても自動車生産・販売両面においてNO.1の企業です。トヨタブランドにこだわる方も多くいらっしゃる事と思います。

 

現在、中古車としてお求めいただけるトヨタの軽自動車は大きく分けて6車種ございます。

 

“軽自動車もトヨタがいい!!”と言う方は是非、ポッキリ屋にご相談ください!!

 

カテゴリー : その他 タグ:  投稿日 : 2017年7月25日 投稿者 : ポッキリ屋飯田店

お気軽にお問い合わせください

ポッキリ屋飯田店 電話番号 0265-48-0067 メール iida@pokkiriya.com

ポッキリ屋伊那店 電話番号 0265-71-5350 メール ina@pokkiriya.com

お問い合せフォーム

お名前 (必須)
ふりがな (必須)
ご住所
メールアドレス (必須)
お電話番号
お問い合せ内容
(必須・複数選択)
車を売りたい車を買いたいこのページの車を見たいここにない車を探しているとにかくお店に行ってみたいその他
ご相談内容
当社からの連絡方法
電話メールどちらでも